起業時における個人と法人の選択Part2(吉澤寿朗)

このエントリーをはてなブックマークに追加

資本金が1円であるということは、会社が事業を行う上での元手資金が1円であるということです。起業時における個人と法人の選択Part1で示した図のように、会社を設立するには登記費用が発生します。設立当初から資金不足の状態となり、会社が代表者等から資金を借り入れる必要が生じることとなります。

また、資本金は会社の登記簿謄本に記載されます。その登記簿謄本を取引先が見たとすると、資本金が1円であるということが果たしてその取引先に信頼を与えることとなるでしょうか?

一般的には、起業当初は個人として事業を行い、順調に業績が伸び所得が増加してきたところで法人化するというケースが多いです。個人に集中していた所得を、法人から給与を支払うという体系に変えることで節税を図ることが可能です。この場合、家族を役員として各々へ給与を支払い所得の分散を図ることで、更にその効果が増すことになります。

個人・法人のどちらにもメリット・デメリットがありますので、法人化を検討する際には十分なシミュレーションをすることをお勧めします。選択した形態のメリットを最大限に生かすことが、事業を円滑に進めていくことの第一歩となるはずです。(了)


吉澤寿朗税理士

吉澤寿朗(税理士)
税理士法人吉澤会計事務所 代表社員
東京地方税理士会藤沢支部所属。湘南藤沢にて30年以上のキャリアを誇る税理士事務所。節税対策はもちろん各企業の成長ステージにあわせた的確な助言を行う良きアドバイザーとして地域企業の経営改善に取り組む。また、起業支援も積極的に行い藤沢商工会議所主催創業スタートアップセミナー講師としても活躍中!